読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君は気づかずに笑う

早いもので、大学を卒業してから2ヶ月と半分が過ぎた。

新しい土地で、新しい人たちと、新しい生活を私は作っている。

中身はどうあれ。


新しい生活は、楽しさ2割、きつさ8割といったところだろうか。

やっぱり、友達がいない生活はかなり寂しい。

たった2ヶ月半しか経っていないのに、大学生活がひどく昔のことのように感じる。


思い返せば、私の大学生活はとても恵まれたものだったと思う。

気の合う友人や、趣味を共にするサークルのメンバー、働くことが楽しいとすら思っていたアルバイト。

思い出せば思い出すほど、楽しかった記憶や嬉しかった記憶が蘇る。

なんとまぁ、残酷なこと。


でも、最近は、思い出すのを止めるのが上手になったと思う。

思い出すと寂しさに押しつぶされてしまいそうになるから、

思考停止するのが上手くなった気がする。


自分がなりたかった社会人とは、だいぶ勝手が違う社会人になってしまったから、正直毎日しんどい。

だけれど、

会社の人たちに仕事の出来を褒められたりすると、

やっぱりちょっと嬉しくなって、もう少しがんばろうと思ってしまう。

単純だなぁ、と自分でも思う。


これからの自分がどうなるのか、全く想像がつかないし、

ちゃんと仕事を続けていける自信もこれっぽっちもないが、

もう少しだけ頑張ってみようと思う。


とか言って、新卒3ヶ月で仕事辞めちゃいました☆てへぺろ☆とか言ってるかもしれないから、

あんまり期待はしておかないでほしい。